ジュニアサッカーをするこどもを持つ親のための少年サッカー情報サイト。すねあて(シンガード、レガース)やスパイクなどのサッカー用品のおすすめなど。

すねあて(レガース)の選び方

ジュニアのすねあて(レガース、シンガード)の選び方

色々な種類のすねあて(レガース、シンガード)があるので、いったいどれを選べばよいのか迷ってしまいます。いったい何を基準に選んだらよいのでしょうか?

レガースを選ぶにははフィット感が重要

レガースを選ぶにははフィット感が重要だが・・・

すねあては足にフィットすることが重要

すねあてをつける目的は、サッカーのプレー中の接触によるケガの防止です。そのため、すねあてを選ぶ時に大事なのは、足のすねにつけた時にフィットするかどうかです。すねあてをつけていても、ストッキングの中でずれているようでは、いざ接触した時にケガをしてしまいます。

また、ジュニアサッカー(少年サッカー)をしている小学生(入学前も)のお子さんの場合は、すねあてがずれて練習や試合に集中できないケースも見受けられます。

実際につけてプレーしてみないとわからない

フィット感が大事なすねあてですが、自分にフィットするかどうかは実際に装着して激しいプレーをしてみないと、わからないのがホントのところです。スポーツ店で実際に装着して試すわけにもいきません。またジュニアサッカー用のレガースやシンガードは、スポーツ店にはあまり種類を置いていないのが現状です。

ですので実際は、タイプの違うものをいくつか試してみることをおすすめします。すねあて(レガース、シンガード)はそんなに高価なものではないので、そんなに負担にならないと思います。

そのうえで多くの種類の中から選ぶとすれば、以下のポイントに気を付けて選ぶと良いでしょう。

サッカーのポジションで選ぶ

すねあて(レガース、シンガード)は、素材や硬さなど様々な種類があります。(参照:すねあて(レガース、シンガード)の種類

通常軽い方がボールを扱いやすいですが、重い方が耐久性が強くなります。(最近では衝撃吸収に優れてなおかつ軽い素材をつかったすねあてもある)
そのため、サッカーのポジションに合わせてすねあてのタイプを選ぶのもひとつです。

  • フォワード・・・スピードがより重要なので軽くて小さいもの
  • ミッドフィルダー・・・軽さを耐久性のバランスのとれたもの
  • ディフェンダー・・・激しいプレイが多くなるので軽さより耐久性を重視。場合によってはアンクルガードも

洗いやすいなどメンテナンス性で選ぶ

すねあては機能ばかりが注目されますが、その他にも、メンテナンスしやすいかどうかも大事です。ストッキングの中につけるので汗臭くなります。通気性はよいかどうかや、丸洗いできるかどうかなどがポイントです。

安価なすねあては、プラスチックなどの硬い素材の内側にスポンジが貼ってあります。この場合、においの元となる汗がスポンジ部分に染み込んですぐに臭くなり洗うのも面倒。安いけど買い替えるサイクルが早くなることにもつながります。

素材自体が弾力性のあるものなら、簡単な水洗いができますし、ソフトタイプのものなら洗濯機で洗えるタイプのすねあてもあります。優先順位は低いものの、メンテナンスのしやすさもすねあてを選ぶポイントになります。

カッコよさで選ぶ

すねあて(レガース、シンガード)は慣れるまでは、つけるのがめんどくさいものです。小学生のお子さんなどはめんどくさがって練習中はつけない子もいます。親としてはすねあてをつけずにケガをされても困るので、やはり本人が納得して選んだすねあてを購入するのが良いと思います。

レガースは機能も様々ですが、出しているサッカーメーカーも複数あり、カラーバリエーションも豊富です。こどもが気に入った色や形の格好いいもの、サッカーシューズとお揃いのメーカーなどが選ぶポイントになります。いくつか候補を親が選んであげて、最後の結論はこどもにさせるのも一つです。

スポンサーリンク

サッカーニュース

サッカーコラム

【スタディサプリのおすすめポイント】
1.月額980円だから塾と併用しても負担は少ない!
2.専用教材不要!自宅のパソコン・タブレットでOK!
3.有名講師の講義動画など14日間の無料体験可!

PAGETOP
Copyright © すねあて.com All Rights Reserved.