ジュニアサッカーをするこどもを持つ親のための少年サッカー情報サイト。すねあて(シンガード、レガース)やスパイクなどのサッカー用品のおすすめなど。

すねあて(レガース)の種類

サッカーのすねあては、様々なタイプのものがあります。「サッカー競技規則」によって着用は義務付けられているものの、使われている素材や形などが細かく指定されている訳ではありません。サッカーのプレーでの接触で起こる、足のすねのケガを防止するのが目的です。

サッカーショップなどで販売されている代表的なすねあての種類をいくつか紹介します。

いろいろなすねあての種類

すねあて(レガース、シンガード)の種類

すねあて(レガース、シンガード)の目的として、サッカーのプレー中に蹴られたすねを守りつつ、蹴った相手側も衝撃を感じないようになっています。

すねあての種類は、「ハードタイプ(硬質)」と「ソフトタイプ(軟質)」に大別されます。

すねあてには、グラスファイバー、合成樹脂、スポンジゴム、ポリウレタン、プラスチックなど耐久性や衝撃吸収のため、様々な素材が使われています。

ハードタイプのすねあて

アディダスのハードタイプのすねあて

文字通り硬い材質で作られたタイプで耐久性に優れ、一般的によく選ばれる。

ハードタイプの特徴
様々な素材のすねあてがあり、素材によっては軽い
すねのカーブは人それぞれなので、種類によってフィット感が異なる
ジュニアなどからだの成長に合わせて買い替える必要がある

ソフトタイプのすねあて

アディダスのソフトタイプのすねあて

ハードタイプよりも保護性能が落ちるが、軽くてすねにフィットしやすい。ハードタイプに比べて比較的安い。

ソフトタイプの特徴
柔軟性がありどんな足にもフィットする
足への衝撃がハードタイプに比べて大きい
成長期のこども(ジュニアサッカー)でも長い間使える

その他のタイプのすねあて

その他にも、ハードとソフトの素材を組み合わせたものや、固定用のベルトがついたもの、アンクルガードもセットになったものなど、様々な種類のすねあてがあります。

すねあて(レガース、シンガード)関連の他の道具

シンガードストッパー

umbroのシンガードストッパー

ストッキングの上から、くるぶし上に巻き、すねあて(シンガード)の上下のズレを防止します。ソフトタイプのすねあてには、マジックテープで固定するものがはじめから付いているものが多く、ハードタイプにはストッパーを通す穴が開いてるものが多い。固定バンドのストッパーがセットになったすねあてもあります。

参考までに、プロのサッカー選手は足首にテーピングを巻き、すねあてのズレを防止することが多い。

通常、ストッキングの内側に差し込んでおくだけでずれることはないが、激しい接触のある試合中や、接触の多い守備のプレーヤーは、ストッパーがあると安心です。

特にこども(ジュニア)のうちは、足が細くすねあてがストッキングの中でずれることが多いので、シンガードストッパーで固定するとよいでしょう。

アンクルガード

アディダスのアンクルガード

サッカーにおいて足首のケガは結構多く、アンクルガードは練習や試合中の接触プレー時に、足首やアキレス腱をしっかり保護してくれます。

アンクルガードの難点として、取り外しに時間がかかり面倒なので、慣れるまではボールが扱いにくくなります。ただし、最近では足首とアキレス腱を十分に保護しながら、邪魔にならないような形状のものも多く発売されています。

こどものうちは足首がしっかりしていない為、少年サッカーやジュニアサッカーのプレヤーには、アンクルガードの着用が推奨されます。

スポンサーリンク

サッカーニュース

サッカーコラム

【スタディサプリのおすすめポイント】
1.月額980円だから塾と併用しても負担は少ない!
2.専用教材不要!自宅のパソコン・タブレットでOK!
3.有名講師の講義動画など14日間の無料体験可!

PAGETOP
Copyright © すねあて.com All Rights Reserved.