ジュニアサッカーをするこどもを持つ親のための少年サッカー情報サイト。すねあて(シンガード、レガース)やスパイクなどのサッカー用品のおすすめなど。

すねあて(レガース)のつけ方

サッカーのすねあて(レガース、シンガード)のつけ方

サッカーをはじめたばかりのお子さんは、すねあて(レガース、シンガード)のつけ方がよくわからない方もいらっしゃいますが、通常はストッキングの中に差し込んで入れるだけです。

すねあてをきちんとつける

サッカーでは激しい接触プレイがあるのですねあてをきちんとつけたい

すねあてがずれたり下がったりする場合は

ジュニアの場合、ストッキングの中に入れたすねあて(レガース、シンガード)が左右にずれたり、足首付近まで下がってしまい、プレーに集中できない場合があります。(ハードタイプのすねあて)原因は、すねあてのサイズがお子さんの足に合っていない場合がほとんどです。

こども用のフリーサイズのすねあては、カーブが緩くなっている場合が多く、多少足の太さが違っても着用できるように作られています。ただし、その分フィットせずにストッキングの中でずれてしまうことがあります。

まれに足の細いお子さんが、ストッキングが緩くてすねあてが動いているケースもあります。厚手のしっかりとした生地のストッキングに変えると、すねあて動かなくなることも。

すねあて(レガース、シンガード)を固定する方法

フィットするすねあてに買い替える
前述の通りすねあてがずれる理由は、お子さんの足(すね)にすねあてがフィットしていないのが原因です。今付けているものより小さいサイズや、よりカーブがきついレガースを一度試してみるとよいでしょう。
他にも、左用右用と形の違うすねあても効果的だったり(ほとんどのすねあてが左右兼用で同じ形)、ソフトタイプのすねあてならずれることはほとんどありません。
すねあて(レガース、シンガード)の種類>>
またメーカーによっても微妙に形が異なるので、すねあてのメーカーを変えてみるのもよいかもしれません。
形を変えられるすねあてにする
最近では様々な素材のすねあて(レガース、シンガード)が売られています。一般的なサッカーのすねあては、プラスチックなどの硬い素材(ハードタイプ)のすねあてが主流ですが、中には衝撃の吸収力は硬い素材と同等(かそれ以上)で、弾力性があり柔らかい素材を使ったすねあても登場しています。柔らかくどんな足のすねにもフィットするシンガードは、ジュニアサッカーのお子さんに人気のようです。
シンガードストッパー(バンド)を付ける
すねあて(レガース、シンガード)自体を、シンガードストッパー(マジックテープのバンド)で足に固定してずれないようにする方法もあります。シンガードストッパーは500円前後で購入することができ、レガースによってはバンドを通す穴が開いているものもあります。ストッパーのメリットはすねあてがずれるのを防ぎ、今使っているものを買い替えることなくそのまま使えることです(明らかにサイズ違いでずれている場合は買い替えましょう)。また、レガースとストッパーが一体になったものも販売されています。
シンガードストッパーはお子さんの足にしっかりすねあてを固定することができますが、デメリットがいくつかあります。一つは着脱がめんどうなことと、皮膚の弱いお子さんはバンドが擦れてかぶれたりかゆくなったりすることです。
下にずれる場合はレガースの下を止める
レガースが足首まで下にずれて、1プレイごとに位置を直しているサッカー少年もよく見かけます。この場合は、先ほど紹介したシンガードストッパーを、ストッキングの外側からレガースの下につけることでレガースが下にずれるのを防ぎます。ストッパーの代わりにテーピングを巻いてもずれるのを防げます。
スポンサーリンク

サッカーニュース

サッカーコラム

【スタディサプリのおすすめポイント】
1.月額980円だから塾と併用しても負担は少ない!
2.専用教材不要!自宅のパソコン・タブレットでOK!
3.有名講師の講義動画など14日間の無料体験可!

PAGETOP
Copyright © すねあて.com All Rights Reserved.